コラム

2018.11.24

”第2チャクラ”は感情のすべて

”第2チャクラ”は感情のすべて

 

第2チャクラの場所は、

ちょうど”おへそ”の位置です。

 

身体の前面と背面で一対の構造を成しています。

 

第2〜第6チャクラまでは身体の前面と背面の2つのチャクラが対になる構造です。

 

前面がその人の”感情”、背面が”意志”を表しています。

 

第2チャクラの色はオレンジです。

 

第2チャクラが正常に機能している方は鮮やかなオレンジ色ですが、

第2チャクラが機能不全の場合は、色が薄くなったり、濁ったりします。

 

色々と頭で考え過ぎて思考が感情よりも勝ってしまう方は、

第3チャクラの色と混ざって、オレンジに黄色を加えた色になります。

 

第2チャクラは、第4チャクラ、第6チャクラと並んで、

エネルギー取り入れるチャクラです。

 

性別でいうと、女性的なチャクラになります。

 

第2チャクラは、 「免疫機能」の重要なチャクラです。

 

第2チャクラはセクシャリティーの中枢と言われていますが、

セクシャリティーと同じ位に第2チャクラは免疫機能の中枢になります。

 

 

アレルギー、自己免疫疾患(膠原病など)まで、

さまざまな病気の蔓延と関係しているのがこのチャクラになります。

 

 

第2チャクラが正常に機能していると、

身体と心の両方に張りがあり、うるおいがある状態になります。

 

 

関係がある分泌腺:リンパ腺、性腺

主な支配部位:骨、大腸、小腸、脾臓、生殖器

 

 

第2チャクラがブロックすると、

身体も感情もカラカラに乾いて枯れた感じになります。

 

 

枯れた状態が続くと、骨が徐々に弱くなり、

骨そのものがもろくなります。

結果として骨粗鬆症などの症状が現れます。

 

 

第2チャクラは、腸の中のパイエル板と関係が深く、

機能が低下すると、

風邪や細菌感染などの免疫低下によって引き起こされる病気に

かかりやすくなります。 

 

自己免疫疾患は、身体の免疫機能が敏感になり過ぎて、

本来、敵と見なさないものまで敵と見なして、過剰に攻撃してしまう状態です。

身体に余裕がない状態ですので、感情面でもゆとりのない状態になってしまいます。

 

第2チャクラは「感情のすべて」です。

 

すべての感情は第2チャクラの支配下にあり、ここで処理されます。

女性が生理前、生理中に感情が乱れやすいのは

この第2チャクラと関係が深いからです。

 

日常、第2チャクラの機能を取り戻す簡単な方法は、【運動】です!

 

少し身体に負荷をかけて息が切れる程度の運動を20分以上続けてみてください。

 

第2チャクラが活性化されてオーラ全体がオレンジ色になります。

そうすることで、感情のゴミを燃やす事ができるのです。

 

運動後に、『気分がリセットされた!』と感じるのは、

この第2チャクラが運動によって活性化され、

感情のゴミが燃えるからです。

 

 

腰を使って行うスポーツ(ダンス、サーフィン、野球、ゴルフ、テニス、卓球、バトミントン、乗馬なども)も

第2チャクラの活性には非常に良いものです。

 

 

第2チャクラのテーマは、『自分を好きになること』

 

 

好きなこと、楽しいことを自分にどんどんやらせてあげてください。

 

そして、人からの好意を喜んで受け入れるようにしてみてください。

受取り上手になってください。

 

第2チャクラの機能が低下している方は、とにかく受取り下手です。

 

特に日本人は、「可愛いですね!」「凄いですね!」と言われると、

「いやいやいや」と謙遜してしまう傾向にあります。

 

 

そこは、素直に『ありがとうございます。』と言って、

お相手の好意を感謝して、受け取ってみてください。

 

 

そうすることによって第2チャクラの機能はどんどん活性化していきます。

 

周囲からの感情面のサポートを受け取れるか取れないかで、

第2チャクラの機能が決まります。