コラム

2018.11.24

”風水”って何?

”風水”って何?

患者さんから、

 

 

「どのような環境が身体に良いのですか?」

「運気が上がる空間ってあるんですか?」

 

 

と質問されることがあります。

 

 

あなたが”身体にとって良い環境””運気が上がる空間”について調べようとすると必ず出てくるキーワードが、”風水”だと思います。

 

 

今回は”風水”について、私の見解をお伝えしたいと思います。

 

 

世の中的な”風水”って、こんな感じですよね。

 

 

「黄色い財布を持つと金運が上がる!」

「玄関の正面に鏡を置いてはいけない!」

「南向きの玄関が良い!」

「遮光カーテンは運気ダウン!」

「仕事運を上げたければ大きめな枕を使う!」

 

みたいなやつです。

 

 

少しググるだけでも色々と出てきますね。

 

”風水”なんて嘘っぱち?!

 

でも。。。

 

 

”風水”は、決まった絶対的なルールって実はないんです。

 

 

方角によって、運気が上がる色やインテリアがあるとまことしやかに言われていて、書籍や風水講座とかも世の中には沢山ありますよね。

 

 

結果を先に言ってしまうと、

その通りに部屋を模様替えしても運気なんて上がりません!

 

 

私も知識が無かった時に、自分で色々やってみました。

でも、運気なんて一向に上がる気配すらありませんでした・・・。

 

 

その後、色々研究して、

 

 

”風水”は生年月日や性別によって氣の流れが異なり、

その氣をパターンをしっかりと見極めてオーダーメイドで模様替えをしなければ意味がない、

むしろ害になることもある

 

 

ということがわかったのです。

 

 

これを学ぶ為には東洋哲学の知識が必要になり、

理解するまでに膨大な時間がかかります。

 

 

あなたの目的は、身体にとって良い環境を作ってご自身の運気を上げることですよね。

 

 

だったら、

 

 

”風水”の基本中の基本をおさえておけば大丈夫です!

 

 

空気中には、真氣(しんき)と邪気(じゃき)の2種類が存在していて、

 

真氣(しんき)を自分に集めてくることを”風水”と言います。

真氣と邪気の見分け方は、「心地よいか」どうか。

 

心地が良かったら→真氣

心地が悪かったら→邪気

 

 

でも、心地よいか心地悪いかは人によって感覚が違うのでそれぞれですよね。

 

 

整理整頓されている空間を心地よいと感じる人もいれば、

ちょっと綺麗過ぎて落ちつかないって人もいます。

 

 

なので、

自分にとっての真氣と他人にとっての真がはズレてしまっても仕方がないものなのです。

 

 

感覚が人それぞれ違うんだから、

一定の決まりなんて作れるわけないんですよ。

 

 

簡単に言ってしまうと、

 

 

自分の好きなモノ、大切なモノを身の回りに集めて、

自分にとって心地よい空間を作れば、それが”風水”です!

 

 

 

是非、あなたが心地よいと思うものをあなたの周りに配置して、

風水的に身体に良い空間を作ってみてください!